Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ラブコメ決定版

ラブ・アクチュアリー」「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」などを手掛けたラブコメの巨匠リチャード・カーティスの最新作「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」が9月27日に公開が決定した。

f:id:pleasegoodtimes:20140502202256j:plain

日常の小さな出来事をユーモアあふれる視点で切り取り、コミカルでハートウォーミングな作品に昇華してしまう偉才リチャード・カーティスは、敏腕脚本家として名をあげ、世界的に大ヒットを記録した「ラブ・アクチュリー」で長編監督デビューを果たした。そして、カーティスにとって3作目であり、監督引退宣言をしているので、この作品が彼の最後の監督作となる。つまり、この作品が彼の集大成となる作品と言える。

「残り24時間しか生きられないと告げられたら何をする?」。この作品は、友人と交わしたこの何気ない会話に着想を得て執筆したオリジナル脚本。時間を巻き戻せたら違う道を選んでいたかも知れないと、誰しもが抱く思いをベースに、恋人、友人、そして、家族というかけがえのない人たちへの愛を紐解いていく。カーティスならではのパーソナルな思いとウィットを効かせながら、物語は人生とは何かを優しく語りかけてくれる。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする