Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

明暗

2011年5月に開業してからわずか3年、経営不振に陥っていたJR大阪駅ビルの「JR大阪三越伊勢丹」が、大幅に売り場を縮小して、来年春に店構えを抜本的に変えるという。

また、店名変更も検討。三越伊勢丹の両方の名前がついている全国で唯一の店名が消える見通しで、三越伊勢丹HDは大阪での百貨店事業から事実上撤退することになる。百貨店の「東の雄」に位置する三越伊勢丹ホールディングスの看板は大阪では通じなかったようだ。

f:id:pleasegoodtimes:20140315231740j:plain

オーバーストアによる競争激化や大阪駅周辺で最後発出店で有力テナントを集められなかったこと、そして、三越伊勢丹の売り場が交じり合ったことで明確な店舗コンセプトが薄れ、中途半端な魅力に欠ける売り場になってしまったことなど失敗の理由は多々推察されるが、伊勢丹流のディスプレーのお上品な売り場構成は大阪の街にはなかなか受け入れられないのかも知れない。

伊勢丹の特徴としてテナントに頼らず、社員が自分の目利きで商品を仕入れる自主運営であり、販売までを一貫して行っている。しかし、関西ではブランドごとに区分して売るのが主流で、複数ブランドが商品別に並ぶ百貨店としては斬新な自主編成の売り場が買い物客には裏目に出たようだ。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする