Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

個展と映画

今年の3月いっぱいで、30年以上続いたお昼のお化け番組「笑っていいとも」が終了する。その終了間際になって、「とんねるず」や「ナインティナイン」の岡村隆史がレギュラー入りするなど話題も多い。この分だと、まだまだ大物がレギュラーとなって、怒涛のラストスパートをかけるつもりなのかも知れない。

毎度サプライズの登場で観客を喜ばしている「とんねるず」の木梨憲武は、タレントとして活躍する一方で、アーティストとしてこれまでに7度の個展を開いている。そして、彼の8度目の個展が東京・上野の森美術館で5月20日から6月8日まで開催される。なお、個展は兵庫、石川、岩手、福岡など、全国に巡回予定。

f:id:pleasegoodtimes:20140224233458j:plain

木梨の作品は、大胆な色使いや構図を用いつつも緻密で繊細な描き方をし、テイストの異なる作品が多いのが特徴。今回の個展では制作を始めた1994年頃の作品から最新作まで、約20年の間に制作された絵画を中心に、ドローイング、オブジェ、映像など、200点を超える作品の数々で独創的な「木梨ワールド」を展開する。

帽子に描かれた絵や、花、富士山が描かれた作品など、木梨のアートは色鮮やかな色彩で自由な感性が感じられる。また、東日本大震災後に思いを込めて描いた「太陽」と全国から送られてきた「みんなの太陽」のコーナーには募金箱を設置し、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」が被災者を支援するために開設した「東北魂義援金」に寄付する予定となっている。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする