Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

2013年の総括

大晦日になると、どうしても今年1年がどんな年だったかを振り返るものである。多くのメディアは年の瀬になると今年の重大ニュースなどで賑わうのが常だ。

年末になると今年を漢字一字で表現したり、新語・流行語大賞が決定したりと多くのイベントで盛り上がる。ちなみに今年の漢字は、2020年夏季五輪の東京誘致成功や東北楽天ゴールデンイーグルスの優勝で東北が歓喜の輪に包まれたこと、台風26号で大きな被害を受けた伊豆大島や台風30号で甚大な被害を被ったフィリピンに対し、日本や世界中より支援の輪が広がったことなどから、「輪」になった。

f:id:pleasegoodtimes:20131231231638j:plain

信じられないことだが、この1年間を通じて内閣の交代が行われなかったのは、小泉純一郎内閣の2005年以来8年ぶりである。また、同じく1年間を通じて主要閣僚の交代(内閣改造や辞任に伴う)が行われなかったのは、三木武夫内閣下の1975年以来38年ぶりとなった。

2012年12月26日に成立した自民党政権の第2次安倍内閣は、前民主党政権に対する失望感の反動や経済政策(アベノミクス)への期待感などから高い支持率をキープした。一方、2013年の後半において焦点となった特定秘密保護法案では、法案で規定された秘密の定義が曖昧で恣意的な拡大解釈が可能であるとしてマスコミなどを中心に批判的な論調が目立ったが、諸外国との密な情報のやりとりの中で、このような法律の整備が必要であるとの見方もあり、世論でも評価が分かれている状況だ。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする