Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ピエール・アルディ

ピエール・アルディは、自身のブランドを立ち上げる以前、さまざまな高級ブランドで靴のデザインを行っていた。1988年に「クリスチャン・ディオール」で靴のデザインに携わり有名になり、その後、「エルメス」でメンズ、レディースシューズのデザインを経験。

その他、「Ecole Superieur des Arts Appliques」では教鞭をとり、「Young Designers International Festival in Hyeres」ではアートディレクターを経験するなど、活動は広範囲に及んだ。

f:id:pleasegoodtimes:20131226235203j:plain

1999年に自身の名を冠したブランド「ピエール・アルディ」を設立。レディースのシューズコレクションを発表。そして、2001年にはメンズラインをスタート。その後、「エルメス」のジュエリーラインのクリエイティブディレクターに就任、「バレンシアガ」のシューズデザインも手掛けた。

2003年、パリに「ピエール・アルディ」としては、初のショップをオープン。その後、「GAP」や「KITSUNE」とのコラボでシューズを発表したり、フランスのカジュアルバッグブランド「セイコア」のアートディレクターも担当した。

2008S/Sコレクションでは、メタリックなレザーを使用したものやスイムスーツ素材を使用したものなどカラフルなコレクションとなった。また、11.5センチのヒールの靴も登場し話題を呼んだ。また、このシーズンには「GAP」とコラボでシューズのカプセルコレクションを発表。人気のグラディエーターサンダルなどを1万円前後の価格で販売した。

ちなみに、「ピエール・アルディ」のコレクションは、ヒールの高いセクシーな靴の他に、パンプスやブーツなどが人気となっている。また、スニーカーコレクションは、日本はもちろん世界中でも人気のアイテム。そして、2008年からは厳選された店舗のみで展開される「リミテッドコレクション」を発表している。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする