Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

RED 2

アメリカのマーベル・コミックと並ぶ二大アメコミ出版社の1つ、DCコミックスの人気グラフィック・ノベルを基に、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスをはじめ、豪華キャストで実写映画化したアクション・エンタテインメントムービー「RED」の第2弾が登場。

CIAが最も恐れた超一流の元スパイ・チーム「Retired(引退した) Extremely(超) Dangerous(危険人物)」通称「RED」のコードネームを持つ面々には、前作同様、ブルース・ウィリスジョン・マルコヴィッチヘレン・ミレンメアリー=ルイーズ・パーカーが八面六臂の大活躍。

f:id:pleasegoodtimes:20131207225925j:plain

末期の肝臓癌を患い、余命を宣告されていたが死を恐れていないキケンな80歳のエロ爺を好演したモーガン・フリーマンは前作でお役御免となり、また、惜しくも本人が逝去されたアーネスト・ボーグナインは欠けてしまってはいるが、今回はそれを補う強力メンバーが参入。フランクの元恋人でロシアの凄腕スパイにキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、韓国人のセレブで世界一の殺し屋にイ・ビョンホン、異彩を放つ天才物理学者にアンソニー・ホプキンスと、新キャラもこれまた豪華な顔ぶれが揃う。そして、すべてのキャストに見せ場が用意されており、見所満載でなかなかに楽しませてくれる。

スタローン率いる「エクスペンダブルズ」チームが若造に見えてしまうほどの高平均年齢を誇る我らが「RED」チーム。前作からメンバーの入れ替わりはあるものの、主要メンバーがほぼ老人という、アクション映画にあるまじき年齢層の高さは相変わらずというところはなんとも頼もしい。今回もやり手の老人たちが年甲斐もなくはしゃぎまくる様が痛快に描かれており、若者を圧倒するそのパワフルぶりには脱帽の一言。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする