Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ヴェルサーチとガガ

ミラノモードの「3G(スリージー)」として、ジャンフランコ・フェレとジョルジオ・アルマーニと共に90年代のミラノファッションを牽引したジャンニ・ヴェルサーチは、1946年12月2日に南イタリアレッジョ・カラブリアに生まれた。彼がまだ生きていれば今日が67歳の誕生日だ。

f:id:pleasegoodtimes:20131202233525j:plain

ヴェルサーチに関しては今までに度々お伝えしているので重複する部分もあるが、母親がブティックを経営していた影響で、早くからファッション業界に関心を持ったヴェルサーチは、母親の下で働いた後、ミラノへ向かった。その後、「カラガン」でキャリアを積み、カッティング技術が評価され、「ジェニー(GENNY)」のデザイナーにスカウト。そして、1973年にデザイナーに就任した。その後、「マリオ・ヴァレンティノ」の皮革部門のデザイナーを経て1975年には「コンプリーチェ」レザーウェアのデザインを手掛ける。

1978年に独立し、自身のコレクションを発表。天然素材を使用した高級ファッションや、巧みなカッティングで人気を博し、ミラノに第1号店をオープンした。このとき兄のサントとともに「ヴェルサーチ」社を設立。ちなみに、サントは当時から現在に至るまでヴェルサーチ社のCEOを務めている。

1982年にはイタリアの婦人服デザイナーの最高賞である「ゴールデン・アイ賞」を受賞。そして、1983年にニューヨークの「カティ・サーク賞」を受賞。一気に世界にデザイナーとしての才能を認められるようになる。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする