Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

Bally/バリー

スイス、チューリッヒのシェーネンベルトという町でゴム製リボンとサスペンダーの工場を営んでいたカール・フランツ・バリーは、出張で赴いたパリでパリジェンヌの履く繊細な作りの靴の美しさに魅了され、1851年に靴の製造を始めのが、「Bally(バリー)」のスタートである。

f:id:pleasegoodtimes:20131010220632j:plain

最初はドイツから靴職人を招き手作業で製造していたが、1870年代には全面機械化、ヨーロッパ有数の靴メーカーとなった。その後、工場設立、スチーム機の導入などに始まる生産ライン確立と着々と規模を拡大。2度の大戦と世界恐慌をは挟んで打撃を受けたが、スポーツテイストの機能的な靴でさまざまな場所で「バリー」の靴は用いられ、ブランドとしても成長を取り戻した。

その後、アメリカやイギリスの最新の技術を取り入れ、製造工程の効率化に成功。効率的な生産のみならず、素材の品質と、洗練されたデザインで「バリー」の靴は高級品として取り扱われた。そして、1976年にはアパレルとハンドバック及びレザー製品のアクセサリーをブランドのラインナップに追加、1981年にはロンドンに進出、ショップを構えた。その後はフランス、ドイツなどヨーロッパ各地に進出。この頃には、年間で200万足を生産するまでに成長した。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする