Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

うさぎスマッシュ展

昨日掲載した吉岡徳仁の個展「吉岡徳仁-クリスタライズ」が開催されている東京都現代美術館で、同時期に開催されているのが、「うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法(デザイン)」。

f:id:pleasegoodtimes:20131005221100j:plain

この展覧会は「東京文化発信プロジェクト」事業の一環として行われている。「東京文化発信プロジェクト」は、「世界的な文化創造都市・東京」の実現に向けて、東京都と東京都歴史文化財団が芸術文化団体やアートNPO等と協力して実施しているプロジェクト。都内各地での文化創造拠点の形成や子供・青少年への創造体験の機会の提供により、多くの人々が新たな文化の創造に主体的に関わる環境を整えるとともに、国際フェスティバルの開催等を通じて新たな東京文化を創造し世界に向けて発信する。

f:id:pleasegoodtimes:20131005221130j:plain

社会がより複雑化した21世紀に入り、デザインも大きな変化を遂げている。絶え間なく消費される「新しさ」を生むデザインとは異なり、社会に対する人々の意識に変化を与えるデザインが、今より重要性を増しているといえる。本展は、そのようなデザインの実践に焦点を当て、高度に情報化された現代社会の様々な要素や出来事を取り上げ、私たちの手にとれる形にデザインして届ける国内外のデザイナー、アーティスト、建築家、21組の表現を紹介している。

領域を横断して活動する彼らの表現は、私たちが生きる世界を独自の視点と方法で読み込み、時には思いがけない発想で、普段とは異なる手触りをもたらす。視覚だけでない、より総合的な身体的体験を通じて、既存の知識体系や情報伝達のあり方を問い直し、私たちがより能動的に世界と関わる方法を探るきっかけとなることを、この展覧会は目指している。

世界の捉え方が変わってしまうような驚きの体験は、「うさぎ」を追いかけているうちに別世界に足を踏み入れてしまった「不思議の国のアリス」のようなもの。そして、「うさぎ」は、ワンダーランドへ誘い込まれた私たちに常識的な見方や固定観念に一打(スマッシュ)を与える象徴的なもの。この展覧会のタイトルである「うさぎスマッシュ」は、そんな世界に対する別の入口への誘いを意味している。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする