Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

真珠の企画展

真珠は貝の体内で生成される宝石である。生体がつくる鉱物であり「生体鉱物(バイオミネラル)」と呼ばれている。天然では産出が稀であり加工が容易で「月のしずく」「人魚の涙」とも呼ばれているほどの美しい光沢に富むため、世界各地で古くから宝石として珍重されてきた。

古代ローマから現代に至る200点以上に及ぶジュエリーや関連作品が華やかに並び、真珠の魅力を歴史的・科学的なアプローチで迫る真珠をテーマとした企画展「パール(Pearls)」が、ロンドンの「ヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)」で9月21日から来年1月19日まで開催されている。

f:id:pleasegoodtimes:20131002211357j:plain

会場入り口に掛かる、パールジュエリーを身に付けて微笑む17世紀パリ淑女の肖像画「Portrait of Jeanne de Marigny」が来場者を迎え、会場内では写真家Boo Beaumountによる真珠のX線写真シリーズや、自然界における真珠の成り立ちを紹介するビデオ、カタール湾岸における1970年代の真珠採取業やトレードの様子を収めた記録映像が展示されており、科学的なアプローチで真珠が探求されている。

また、東西それぞれにおける真珠の役割が、古代ローマ時代から年代順に解説され、イングランド王のチャールズ1世やスコットランド女王のメアリー、女優エリザベス・テイラーなど王侯貴族、セレブが身に付けた歴史的なジュエリーがきらびやかに並んでいる。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする