Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

セルジオ・ロッシ2

8月にお届けした「セルジオ・ロッシ」では、今年の春に開催されたミラノサローネで、フランチェスコ・ルッソの後を継いで新デザインディレクターに就任したアンジェロ・ルジェリが初めて手掛けたコレクションの数々を紹介した。

f:id:pleasegoodtimes:20130922213738j:plain

セルジオ・ロッシ」のスタイルの本質であるフェミニンエレガンスが見事に融合した仕上がりの靴は、彫刻や家具デザインにおいて第一線で活躍してきたアーティストのガブリエラ・クレスピの功績に尊敬の意を表し、彼女の作品からインスピレーションを得たものだった。

また、1970年代を代表する国際的ジェットセッターであり、バイエルン出身のドイツ人大富豪で、かのブリジット・バルドーの3番目の夫であったギュンター・ザックススタイルの男性や、その像を象徴するロケーションの雰囲気からインスパイアされた、2014年春夏メンズコレクションに登場した靴の数々は、当時の気ままで知的なムードをとらえ、洗練された素材、色、そしてディテールによって与えられる現代的な鋭さと、クラシックスタイルとのコントラストを巧みに操ることで、対極の要素を共存させた。

そして、「セルジオ・ロッシ」のレディース2014年春夏コレクションがミラノで発表された。創作活動が最も旺盛だった1970年代前半のデザインとデコラティブなアートを探求し、今の時代に合った表現方法でクリエイティビティの絶頂期を蘇らせた。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする