Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

エリジウム/Elysium

2010年8月に日本公開された「第9地区」の監督ニール・ブロムカンプの新作ということで、公開前からかなりの話題になった「エリジウム」。

f:id:pleasegoodtimes:20130922031403j:plain

3000万ドルの製作費で全世界で2億1000万ドルも稼ぎ出した「第9地区」は、地球に難民としてやってきたエイリアンとそれを抑圧する人類の対立をドキュメンタリー風に描いた作品で、舞台となった南アフリカ共和国でかつて行われていたアパルトヘイト政策が反映されたストーリーになっている。そして、第82回アカデミー賞では作品賞、脚色賞、編集賞、視覚効果賞にノミネートされ、その他、第67回ゴールデングローブ賞など2009年度の多数の映画賞でノミネート、また、賞を受賞した。

そんなニール・ブロムカンプにコロムビア映画は前作の4倍近い製作費1億1500万ドルを託した「エリジウム」には、マット・デイモンやジョディ・フォスターなどの大物俳優が出演し、格段にスケールアップされた高度なVFXもふんだんに使用され、ニール・ブロムカンプお得意の格差社会が「ディストピア」と「ユートピア」に二極化された近未来世界の姿が描かれている。監督の高校時代の友人であり、前作主演のシャールト・コプリーも出演し、前作から一転して冷酷な悪役を演じている。

「プロメテウス」のように、SF映画のタイトルにギリシア・ローマ時代の古典的な言葉を付けることがトレンドかどうか分からないが、今回の「エリジウム」もまた、ギリシア・ローマ神話で神々に愛された者や英雄のみが死後に住める地の西端にあるとする楽園のことである。楽園があるということは、逆に地獄もあるということで、「エリジウム」もまさにそんな作品である。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする