Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

江戸切子

江戸末期に生産された「江戸切子」は、透明な鉛ガラスに鑢(やすり)や金棒と金剛砂によって切子細工をし、木の棒等を用いて磨き行った手作業による手摺り工程による細工によって制作されたものと考えられている。当時の「薩摩切子」が厚い色ガラスを重ねた色被せガラスも用いていたこと、ホイールを用いた深いカットと大胆な形であることとは大きな違いがある。

f:id:pleasegoodtimes:20130918210522j:plain

明治期以後は「薩摩切子」の消滅による職人と技法の移転や海外からの技術導入により、江戸においても色被せガラスの技法・素材も用いられるようになる。色ガラスの層は薄く鮮やかなのが特徴。加工方法も、文様を受け継ぎつつ手摺りからホイールを用いたものへ移行していく。

江戸切子」の文様としては、「矢来」「菊つなぎ」「麻の葉」「魚子(ななこ)」「六角籠目」「八角籠目」「七宝」「星」など着物にも見られる身近な和の文様を繊細に切子をしているのが特徴。現在は、当初からの素材であるクリスタルガラス等の透きガラスよりも色被せガラスを素材に用いたものが切子らしいイメージとして捉えられており、多く生産されている。

江戸切子」は1834年に江戸大伝馬町のビードロ屋の加賀屋久兵衛(通称:加賀久)が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻で模様を施したのが始まりと言われる。加賀久は日本橋通油町の硝子・眼鏡問屋・加賀屋(通称:加賀吉)から暖簾分けし、切子も始めたとされる。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする