Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ハンス・ウェグナー

ハンス・ウェグナーは、デンマークの家具デザイナー。生涯で500種類以上の椅子をデザインし、20世紀の北欧デザイン界に多大な影響を与え、その椅子はニューヨーク近代美術館をはじめ多くのミュージアムでコレクションされている。

f:id:pleasegoodtimes:20130916222753j:plain

1914年にドイツの南ユトランド半島トゥナーに生まれたウェグナーは、13歳から家具職人の下で修行を始め、1931年、17歳の時に指物師のマイスターの資格を取得。ちなみに、指物とは釘などの接合道具を使わずに、木と木を組み合わせて作られた家具・建具・調度品などの総称を言う。

国立産業研究所に通い、木材について専門に研究しながら20歳まで家具職人の下で修行した後、兵役のためコペンハーゲンへ出た。兵役終了後もそのままコペンハーゲンに残り、23歳の時にコペンハーゲン美術工芸学校に入学、家具設計を専攻した。この頃、後に公私にわたり親交も持つことになるボーエ・モーエンセンと知り合う。そして、1938年に卒業。その後、1940年から1943年にかけてアルネ・ヤコブセンの事務所に勤務し、オルフス市庁舎の家具デザインの設計に携わった。

独立後はコペンハーゲン美術工芸学校で教鞭を執りながら、デンマーク協同連合連合会家具部門のために家具デザインを行った。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする