Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

秋のユニクロ

ファーストリテイリンググループ傘下の4ブランドが、2013年秋オープンの「ユニクロ(UNIQLO)」上海店内に出店する。

昨年3月に銀座旗艦店をオープンした「ジーユー(GU)」、フランス発のウィメンズブランド「コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)」、同じくフランスのランジェリーブランド「プリンセス・タム・タム(Princesse tam.tam)」、日本で展開するカジュアルブランド「プラステ(PLST)」の4ブランド。すべて中国初進出。

f:id:pleasegoodtimes:20130821185131j:plain

「ユニクロ上海店」は、上海の商業街である淮海中路の旧永新百貨店跡にオープン。売り場総面積はユニクロ史上最大規模の約2,430坪で、地下1階の約300坪に「GU」、1階の約70坪に「PLST」、約35坪の「Comptoir des Cotonniers」、「Princesse tam.tam」が約25坪の売り場が開設される。

「ユニクロ」は2002年よりアジアへの出店を開始。中国、香港、韓国、台湾、シンガポールなどに拡大し、インドネシア1号店は、6月に「ユニクロ ロッテショッピング アベニュー店」がオープンした。首都ジャカルタの中でもショッピングモールが多く立ち並ぶクンニガンエリアのモール内にあり、「ユニクロ」の東南アジア店舗の中でも最大級となる約810坪の2階層の店舗である。

なお、中国には2002年9月より出店し、中国大陸には現在約200店舗を展開している。ちなみに、国内、海外の「ユニクロ」店舗数は1200を超えている。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする