Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ワールド・ウォーZ

1962年に「奇跡の人」のアン・サリヴァン役でアカデミー主演女優賞を受賞し、「卒業」のミセス・ロビンソンでは、当時の年頃の男の子に熟女の魅力と怖さを教えたアン・バンクロフトを母に持ち、「コメディ映画の巨匠」として知られるメル・ブルックス監督が父という、ある意味サラブレッドの息子である作家マックス・ブルックスが、2006年に発表した終末ホラー小説「WORLD WAR Z」を映画化したのが「ワールド・ウォーZ」。

ちなみに、父親のメル・ブルックス監督は、アメリカ合衆国の文化や芸能に対する長年の貢献が称えられ、2009年にケネディ・センター名誉賞を受賞。2010年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星となり、2012年にはデヴィッド・リンチとともにAFI名誉博士号を授与される。また、2013年にはAFI生涯功労賞を受賞した。そして、アカデミー賞、エミー賞グラミー賞トニー賞の4賞すべてを受賞したことがある数少ない人物の1人である。

マックス・ブルックス原作の「WORLD WAR Z」は、レオナルド・ディカプリオの製作会社「アッピアン・ウェイ」とブラッド・ピットの「プランBエンターテインメント」が競い合い、ブラピが映画権を獲得したという曰くある作品。この作品では主演以外に製作にも名を連ねている。

f:id:pleasegoodtimes:20130817222455j:plain

原作は、ゾンビとの戦いを経験した人々にインタビューして書かれたオーラル・ヒストリーという設定になっており、登場人物は軍人、政治家から宇宙飛行士、主婦までさまざま。ゾンビの発生源である中国をはじめ、アメリカ、ロシア、日本、ドイツなど世界中が舞台として登場する。また、ゾンビとの戦いだけではなく、防衛に不向きなヨルダン川西岸を放棄したイスラエルで宗教右派と政府間の内戦が勃発したり、パキスタンとイランが難民問題から核戦争に発展するなど、人間同士の争いも描かれている。

※続きはこちらでご覧下さい。

広告を非表示にする