Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

男性ストリップ

昨日に続き「裸」ネタが続いて恐縮だが、「クレージーホース」のダンサーのように素晴らしい肉体を披露するのは何も女性に限ったことはないのがショービジネスの世界だ。

「クレージーホース」のような芸術性はないが、観客を熱狂させるエンターテイメントに男性ストリップがある。古代ギリシアの男性裸像を連想せる鍛え抜かれた筋肉に覆われた肉体は、ある意味芸術品と言えるかも知れないが、分厚い胸板と割れた腹筋、盛り上がったヒップを誇示しながら、腰を振り体をくねらせて女性客たちの嬌声を浴びる姿はお世辞にも「お上品」とは呼べない。アルコールとカネとセックスの匂いが充満した猥雑なイメージが付き纏う。

f:id:pleasegoodtimes:20130809203834j:plain

その男性ストリップの題材をハートフルに描いたのが、1997年にイギリスで制作された「フル・モンティ(The Full Monty)」。仕事もなく生活のためにストリップをする事を決意する、しがない男たちの姿を描いた英国産ヒューマン・コメディだ。

今は衰退してしまったが、かつては鉄鋼業で大いに栄えたイングランドのシェフィールドを舞台に、鉄工所を解雇され、失業中の金欠中年男6人が一攫千金のために「Steel Stripper」と揶揄されつつも、男性ストリップショーに出演するまでの様子がユーモラスに描かれている。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする