Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

VOGUEとELLE

ファッションが報道の対象として定期的に取り上げられるようになったのは、19世紀前半のフランスにおいてである。「ジュルナル・デ・ダム・エ・デ・モード」がその先駆的な雑誌であるが、1829年にはベリー公爵夫人の援助によって「ラ・モード」が創刊され、バルザックら知識人を執筆陣に迎えてフランスのファッション雑誌の代表的な存在となった。

f:id:pleasegoodtimes:20130718172422j:plain

今日に続くファッション雑誌の基礎を作ったのは、1867年にアメリカで創刊された「ハーパース・バザー(Harper's BAZAAR)」及び、1893年に同じくアメリカで創刊された「ヴォーグ(VOGUE)」である。両誌は現在も世界で最も影響力があるファッション雑誌として、多数の国で発行されている。

特に「VOGUE」は、ハイファッションの最先端を行く雑誌として有名で、掲載商品の貸し出し元にも欧州の名門ファッションブランドが軒並み名を連ねる。

また、「VOGUE」に取り上げられたモデルは全世界的な知名度を獲得することになるため、ファッションモデルが有名になるための登竜門としての役目も果たし、スージー・パーカー、ツイッギー、ジーン・シュリンプトン、ローレン・ハットン、ヴェルーシュカ・ヴォン・レンドルフ、マリサ・ベレンソン、ペネロープ・トゥリーなどの著名なモデルを数多く輩出している。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする