Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

話題の2作品

今年の夏以降に、日本での公開が予定されている話題の映画2作品を紹介する。2013年9月13日に公開が予定されている「ウルヴァリン:SAMURAI」は、2009年9月に公開された「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品としてウルヴァリンを主人公として制作された映画の2作目。ただし、直接的な続編ではないという。

f:id:pleasegoodtimes:20130704211248j:plain

この作品では、東京都港区の増上寺をはじめ、新宿、秋葉原、上野、アニメ「崖の上のポニョ」のモデルにもなった広島県福山市の鞆の浦など、日本の各地で大掛かりなロケーションが実施され、そして、ウルヴァリンと恋に落ちるマリコ役のTAOとウルヴァリンの相棒となるユキオ役の福島リラという2人の日本人トップモデルの鮮烈なスクリーンデビューが大きな話題になっている。また、ウルヴァリン真田広之が演じる矢志田信玄が繰り広げる「爪VS二刀流」の火花を散らす超絶バトルは大きな見所の1つである。

ワイルドな風貌に宿した孤高の魂、あらゆる物質を切り裂く爪、驚異的な治癒能力に支えられた不老不死の肉体を持つ、ハリウッドが生んだ最も過激なヒーローであるウルヴァリンを演じるのは、ご存知ヒュー・ジャックマン。彼の「レ・ミゼラブル」での熱演も記憶に新しい。ちなみに、制作サイドが2011年秋に始まる予定だった撮影を延期した理由は、ヒュー・ジャックマンの「レ・ミゼラブル」の撮影が優先されたためという。

日本が舞台となるだけに気になるのがストーリー。カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンが、かつて命を救った旧友、大物実業家の矢志田に請われて日本を訪れた。しかし、東京での再会後まもなく、病魔に冒された矢志田は死亡。その葬儀に参列したウルヴァリンは、組織に襲われた矢志田の美しい孫娘マリコを救い、逃避行のさなかに恋に落ちる。しかし、何者かの罠にはまって治癒能力を失ったウルヴァリンは、心身に凄まじいダメージを負い、初めて「限りある命」を意識する。拉致されたマリコの救出に向かった満身創痍のウルヴァリンは、遂に日本でその命を落とすのか…、というのがザックリとした内容。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする