Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

The Ultimate 50

日本初の外資系ホテルチェーンとして上陸したヒルトン・ワールドワイドは、1963年6月20日に「東京ヒルトン」を開業し、今年で日本進出50周年を迎える。これを記念し、同グループのラグジュアリーブランド「コンラッド東京」では、いままでにない贅を極めた宿泊プラン「The Ultimate 50」を提供する。その宿泊費は開業以来もっとも高額となる5000万円!

f:id:pleasegoodtimes:20130625092619j:plain

ちなみに、「コンラッド東京」は、森トラスト株式会社が100%出資するMT&ヒルトンホテル株式会社により運営されているホテル。ミシュランガイド東京日本語版において、快適さによる評価では最高ランクのレッドパビリオン5つを3年連続獲得している。ホテルのコンセプトは、モダン・ラグジュアリーと日本らしさである和のデザインの組み合わせ。キーデザインアイコンが「門」と「墨絵」である。浜離宮恩賜庭園の前に位置し、庭園を望む景色は絶景である。

なお、当初は「セントレジス東京」という名で、スターウッド・ホテル&リゾートの「セントレジス」ブランドの1つとして開業する予定だったが、アメリカの会計基準の変更により断念され、代わってヒルトン系の「コンラッド」ブランドで開業することになった経緯がある。

「東京ヒルトン」の創業50周年を記念し、「コンラッド東京」が提供する贅を極めた宿泊プラン「The Ultimate 50」は、今年同じく創業50周年を迎えたイタリアのスーパースポーツカーブランド「ランボルギーニ」、そして、1735年に創業した世界最古の腕時計ブランド「ブランパン」とのコラボレーションによって提供されるスペシャルなプログラム。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする