Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ロイヤルベビー

イギリスのウィリアム王子の妻としてだけでなく、その類い稀なセンスと美貌から、世界的なファッションアイコンとしても知られるキャサリン妃のご懐妊は大きな話題になった。そして、約1か月後には待望のロイヤルベビーが誕生する予定。

王位継承順位第3位となるウィリアム王子(ケンブリッジ公爵)とキャサリン妃(公爵夫人)の第1子の誕生に関しては、あらゆる事が世界中から注目され、また、憶測を呼んだ。

f:id:pleasegoodtimes:20130623122948j:plain

キャサリン妃の妊娠が昨年発表された瞬間から性別をめぐる推測が行われたが、ロイヤルカップルが子どもの性別を確認しないことを決めたという報道で、この憶測はさらに拡大した。このため未来の母親の一挙手一投足に、科学捜査並みの注目が集まることになった。

ついこの間には、キャサリン妃が子ども部屋用に青色のアイテムを購入したとの報道があり、子供はきっと男の子である…と、勝手に盛り上がったことは記憶に新しい。

なお、先日は、31年前に故ダイアナ元皇太子妃がウィリアム王子とヘンリー王子を出産したロンドン西部パディントンにあるセント・メアリー病院でキャサリン妃が出産する予定だと関係者が明らかにした。ちなみに、出産のために入院した時点で正式な発表があるはずだという。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする