Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ステテコ

時代は変わったものだと、つくづく思う今日この頃。昔のオヤジファッションの代表選手が、今やオシャレの最先端なのだ。

f:id:pleasegoodtimes:20130614052359j:plain

ステテコは、日本の伝統的な肌着として1960年代頃まで広く一般に親しまれていたが、若い世代にデニムやアイビールックなどのファッション化が進むと、「ステテコは格好わるい」という認識が広がり、利用者が減少し、オヤジのマストアイテムとして生き残った。

しかし、2008年頃からファッショナブルにデザインされたステテコが登場しはじめ、2011年夏には東日本大震災の影響で、節電に対する意識が高まり、「涼しいやん!」という再認識から幅広い層に人気のサマーアイテムとなった。翌年も引き続き節電への取り組みが必要となることから「ユニクロ」は、2011年の9色柄から80色柄に大幅拡大。ステテコに選択する楽しさをプラスすることで、「ユニクロ」らしさを演出した。

さらに、ステテコの3用途である「インナーウェア」「ルームウェア」「ワンマイルウェア」に着目し、近所に出かける際に着用できる「ワンマイルウェア」としてのステテコの使い方を、裾のロールアップや、シャツとの組み合わせでファッショナブルに提案した。

去年、ステテコを80色柄に大幅拡大して本格販売を開始した「ユニクロ」は、銀座店10階に「ステテコ BAR」と題した大型売場をオープンした。「ステテコ BAR」は、実際のバーカウンターをモチーフにした文字通りステテコ版バーカウンターが登場し、「ステテコバーテンダー」なるスタッフが「iPad」を用いて、豊富な色柄の中からその人に似合うステテコや着こなし、用途を案内してくれるというもの。きっと、ステテコデビューした若者も多いことだろう。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする