Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

ねこ歩き

私はネコ好きだ。生まれたときから「ミーコ」というネコがいた。ずっと身近にネコのいる生活をしていたので、ネコのいる風景が自然なのだ。しかし、ネコのいない生活の方が長くなったしまった。もっぱら近所のペットショップでネコを眺めながら、寂しい心を癒す日々である。

f:id:pleasegoodtimes:20130524094404j:plain

ネコ好きにはありがたいカメラマンがいる。動物写真家の岩合光昭氏だ。彼は法政大学経済学部卒業後に、同じく動物写真家であった父の助手としてガラパゴス諸島を訪れた際に動物写真家を志し、ネコなどの身近な動物から世界各地の野生動物まで様々な題材を取り上げている。

1979年にアサヒグラフに連載された「海からの手紙」で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。1982年から1984年までアフリカ・タンザニアセレンゲティ国立公園に滞在して撮影した写真集「おきて」は、英語版が15万部を超えるなど世界中でベストセラーとなった。また、日本人の作品としては初めて「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙を2度飾った。

ネコはライフワークとして撮影しており、「愛するねこたち」「きょうもいいネコに会えた」など多数の写真集を発表し、昨年よりNHKのBSプレミアム番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の撮影を開始した。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする