Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

母の日のプレゼント

次の日曜日は「母の日」。日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日として知られ、日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝う。「母の日」の起源については世界中で様々であり、日付も異なる。

アメリカでは南北戦争終結直後の1870年に、女性参政権運動家ジュリア・ウォード・ハウが、夫や子どもを戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり「母の日宣言(Mother's Day Proclamation)」を発した。ハウの「母の日」は、南北戦争中にウェストバージニア州で「母の仕事の日(Mother's Work Days)」と称して、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために、地域の女性を結束させたアン・ジャービスの活動にヒントを得たものだが、結局普及することはなかった。

ジャービスの死後2年経った1907年5月12日、その娘のアンナは、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、白いカーネーションを贈った。これが日本やアメリカでの母の日の起源とされているようだ。

f:id:pleasegoodtimes:20130506213732j:plain

アンナの母への想いに感動した人々は、母をおぼえる日の大切さを認識し、1908年5月10日に同教会に470人の生徒と母親達が集まり最初の「母の日」を祝った。アンナは参加者全員に、母親が好きであった白いカーネーションを手渡した。このことから、白いカーネーションが母の日のシンボルとなる。アンナ・ジャービスは友人たちに「母の日」を作って国中で祝うことを提案した。そして、1914年に「母の日」はアメリカの記念日になり、5月の第2日曜日と定められた。

※続きはこちらでご覧ください。

広告を非表示にする