Touch the Heartstrings

心の琴線に触れる森羅万象を日々書き綴る「Touch the Heartstrings」

夏のスイーツ

「JEAN-PAUL HEVIN/ジャン=ポール・エヴァン」から「2017 アペロ コレクション」が、6月30日までの期間限定で登場。「JEAN-PAUL HEVIN」のイートインスペース「バー ア ショコラ」をはじめとする全ブティック及びオンラインブティックで展開。

「アペロ」とはアペリティフの略で、フランスの食前の文化。昼下がりからディナーにかけて、フードをつまみながらお喋りとお酒を愉しむ時間を過ごす。「2017 アペロ コレクション」は、「アペロ」をもっとも楽しめるこれからの季節に合わせたショコラティエならではのコレクション。

f:id:pleasegoodtimes:20170514100046j:plain

「バー ア ショコラ」では、格別な「アペロ」を演出するドリンクとして、シャンパーニュ「レミ・ルロワ」と、アラン・ミリアのマンダリンとぶどうジュースを用いたノンアルコールカクテル、ガーナ産カカオを使用したショコラ グラッセを用意。好きなドリンクとセットで楽しめ、フロマージュとショコラのボンボン ショコラのほかに、今年は香ばしいシュー生地と焼けたチーズが食欲をそそるグジェールが新登場。

※続きはこちら

広告を非表示にする

DS 3

2014年に「Citroen/シトロエン」から独立し、「シトロエン」の象徴である「ダブルシェブロン」から新フロントグリルの「DSウイング」へ刷新され、日本へは2015年から「DS」ブランドの「DS 5」や「DS 4」が導入された。そして、昨年6月には3ドアハッチバックの「DS 3」と、オープントップモデル「DS 3カブリオ」が登場した。

f:id:pleasegoodtimes:20170513091658j:plain

デザインは、サイドビューのシャークフィンデザインや、ルーフが宙に浮いたように見えるフローティングルーフ、リアの3Dコンビネーションランプなどは継承されており、フロントには「DSロゴ」が配された「DSウイング」やライト下のLEDランプなど新たな意匠が与えられた。

また、新しいルーフカラーとして、カブリオにエメラルド、ハッチバックにエメラルドとプラントパーズをラインナップ。さらにホイールデザインも一新。

※続きはこちら

広告を非表示にする

飲兵衛万歳

バドワイザービール」の屋上ビアガーデン「ビアカーニバル 十三店」が大阪の「十三サンポートシティビル」に9月16日まで期間限定でオープン。なお、同じビアホールが神戸・なんば・大宮など各地にオープンする。

f:id:pleasegoodtimes:20170512090014j:plain

爽快なのどごしで人気の「バドワイザービール」。会場では、この「バドワイザービール」と料理を健康的で可愛いバドガールがテーブルまで運んできてくれる。ビールに良く合う料理は約30種が用意されており、おつまみの定番と言えるチーズ・枝豆・フィッシュ&チップス・アヒージョはもちろん、おすすめしたい肉厚のローストビーフとスパイシーなローストチキン、そして、バドガールが盛り上げる「演出メニュー」が展開される。

さらに、2時間飲み放題付きの「焼肉コース」も登場し、お肉・野菜の盛り合せに加え、蒸し鶏ジンジャーソース・冷やしトマト・ポテトフライ・唐揚げ・タコライス・デザートがセットになっている。ドリンクはバドワイザー生ビールの他に全50種類以上から選べる。

※続きはこちら

広告を非表示にする

ドキュメンタリー映画2作品

今日は、上質のドキュメンタリー映画2作品をサクッとご紹介。

2006年に公開された「不都合な真実」は、アル・ゴア元アメリカ副大統領が出演し、地球と人類の未来を予見するドキュメンタリー映画地球温暖化によって引き起こされる数々の問題を説いた衝撃的な内容で話題となった。

f:id:pleasegoodtimes:20170511100941j:plain

アル・ゴア地球温暖化を喧伝するスライド講演に、彼の生い立ちを辿るフィルムを交える構成のドキュメンタリー映画であ、過去の気象データや温暖化により変化した自然の光景を用い、環境問題を直視しない政府の姿勢を批判しており、自然環境を意識しつつ日常を生活する重要さを訴えた。

※続きはこちら

オシャレバッグあれこれ

FURLA/フルラ」は、1927年に皮革業に精通した実業家アルド・フルラネッがアクセサリー関連のレザーを扱った企業を創業。その後、ブランドを立ち上げ現在でもイタリア特有の家族経営ブランドとして人気を誇っている。

f:id:pleasegoodtimes:20170510090123j:plain

1955年、ボローニャに小さなショップをオープンし、レザーグッズなどの販売をスタート。70年代初頭にブランド「FURLA」をスタート、イタリア国内に販売網を広げ、80年代には海外にも進出。

以後、イタリアの皮革職人が伝統的な技と最高の素材を駆使して作るコレクションが人気で、フェミニンな雰囲気にエレガンスさと程よいカジュアル感が備わっている。また、品質の割りに比較的安価な価格帯でお手頃感があることも魅力の1つ。

※続きはこちら